広瀬隆雄氏の米国株セミナーを聴きました

月曜日に楽天証券の主催でやっていた、Market hackの広瀬隆雄氏の米国株オンラインセミナーを聴きました。

学んだことを箇条書きにします。

 

・利上げ局面においてオールド・エコノミー株は買い。一押しはゼネラル・エレクトリック

・アマゾン、フェースブック、アルファベットなどの新高値を更新しているグロース株は今のトレンドが続く限りはホールド

・アリババはモバイルからのアクセスのマネタイズができてきているので買いかもしれない

スクウェアIPOはダメ。ジャック・ドーシーがツイッターとCFO掛け持ちしているのは投資家をなめている

・利上げ局面ではインフレが進むのでドルが反落する可能性

 

いろいろ勉強になったセミナーでした。広瀬氏はMarket Hackの写真で見るよりおじさんでしたね。

来年春までは米国株は買いとのことでしたが、一つ疑問が:

利上げでドル安になるのならドルベースで株価が上がっても円ベースだとトントンか、損しちゃうんじゃない?

ということ。

コレに対してはどうなんでしょうか?

S&P500に対してもドル円に対しても、具体的な数値のガイダンスはなかったので、どちらの影響が強いのかが分かりかねますね。

 

セミナーを聴いたあと、ドル円が123円の状況でドルを買い増す元気はないので、保有しているドルで米国株を少しだけ買いました。

バンガードの米国高配当ETF(VYM)を3万円分ぐらいです。オールド・エコノミーに効率よく投資するということで、VYMにしました。

NISAの枠が余っていればもっと買いたかったのですが、今年はもう枠がないので、これが限界です。

“広瀬隆雄氏の米国株セミナーを聴きました” への2件の返信

  1. k300さん:
    はじめてネット証券のセミナー配信を見たのですが、チャット形式で質問にひとつひとつ答えていて、勉強になりました。
    証券会社は掛けているコストと「営業感」が比例すると思っているので(大勢で出張セミナーするとどうしても商品を売ることがメインになります)、小規模なセミナーは本音が聴けてよかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です