BP株を20万円分買いました

こんばんは。

数日前にBP(British Petroleum)株を約20万円分買いました。

購入理由は、先週末にIBMやPM、XOMやKOなどのバリュー株分析をやっていたのですが(ティッカーシンボルだけでわかりますか?)、原油の先高観の前提を置くと、将来EPSに対して株価に割安感があったこと。また、NISA口座で買うと租税条約のため配当源泉税がかからないためです。

僕は基本的には原油は今年一年上がると思っています。理由はサウジアラムコの上場や協調減産ですね。

 

ただ、今週の値動きを見て、ちょっとやってしまったなあと思いました。

というのは、BPは英国企業なので、ドル建てADRはUSD/GBPの為替の影響をもろに受けるのですね。ただし、原油価格はドル建て市場で決まっていますし、BPの権益は中東や北海、メキシコ湾など世界各地に広がっているので、コストのうちGBPが大半を占めるわけでもないと思うのですが。EU離脱の懸念でGBPボラティリティがひどく、GBP安が進行するとドル建てADRの株価としては厳しいわけです。

 

一方、PMの株価はドル高局面でも逆行して上がっており、力強い動きから今後も期待できるのかなあと思いました。

(こういう考え方はバリュー投資っぽくないですかね?)

ただ、PMのバリュエーションはPERで見ると(割安だった経緯のあるタバコ株としては)かなり割高なので、なかなかここから買いづらいですね。

 

米国債の利上げ観測がある中で、バリュー株の魅力は減退しており量的緩和環境における”Dividend Bubble”に懸念が出ています。

www.investing.com

 

もちろん、シーゲル教徒ならばこうした下落が懸念される局面こそ長期的には買いというのでしょうが・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です