決算概観:ヴァリアント・ファーマシューティカルズ(VRX)

ヴァリアント・ファーマシューティカルズ(ティッカーシンボル:VRX)が16/4Q決算を発表しました。悪い決算でした。

16/4Qの売上24ドル、Non-GAAP EPS 1.26ドルは市場コンセンサスを上回りましたが、15/4Qの売上28億ドル、Non-GAAP EPS 1.55ドルに対して売上は13%減、EPSは19%減です。

セグメントでは、コンタクトや眼科用医療機器などを扱うボシュロムがヴァリアントの売上の約半分を占めており、売上は15/4Q比ほぼ横ばいと比較的好調でした。
一方で、薬価下落等の影響で、胃腸薬のSalixなどがあまりよくありません。

17年度のガイダンスはEBITDA 35.5億ドル〜37億ドルが提示され、市場コンセンサス38.8億ドルを下回っています。


2/28の株価は前日比14%下落しており、2015年8月の高値263ドルからは95%下落しています。
時価総額49億ドルはEBITDAのわずか1.3倍ですが、298億ドルの有利子負債を抱えており、EBITDAに対する有利子負債レバレッジは7倍近くに悪化していますので、割安な水準ではありません。
米国みずほ証券のアナリストIrena Kofflerは目標株価を9ドルとしています。

Market Hackの広瀬さんもVRXの決算について記事を書かれていますのでご参照ください。
http://markethack.net/archives/52037466.html

お詫び:サーバー代を払うのを忘れてて30分ぐらいサイトが見れなくなってました。すみません。広告でサーバー代を賄いたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です