米国株の情報収集に巡回しているサイト

決算期や年度始めで忙しい時期ですね。軽めの更新です。

普段、僕が株の情報を集めるために見ているサイトをご紹介します。ご参考になれば幸いです。英語のサイトも混じってます。

ブルームバーグ

早朝に更新してくれないので出勤途中に見ても前日の米国市場の情報が載ってないのが難ですが、マーケットの情報がちょうどいい感じに集約されてます。

Google Finance

米国市場のヘッドラインや個別株のニュースはGoogle Financeで見てます。ただ、Google Financeに載っている記事には、AIが書いた、今の株価と指標がいくらいくら、を羅列するだけの読む価値がない記事も多く、これだけでは不十分です。

Yahoo Finance

個別株のキャッシュフローやバランスシート、アナリストのコンセンサスが見やすいので便利です。

Morningstar

10年分のファンダメンタルデータがありDCF分析するなどの時に便利ですね。

ValueWalk

投資情報を売りつけるための提灯記事も多いですがダモダランなど気鋭の論者のレポートがたまに載っており読む価値があります。

SeekingAlpha

米国の個人投資家による株式分析が読めます。DCF法でのバリュエーション分析などをやっていて米国投資家の質の高さに感心します。あまり精緻でない分析もありそのまま信じるわけにはいかないですがコメントでも熱心に議論が交わされており勉強になります。

米国株-ブログ村

当ブログも参加しているブログ村です。いつもお世話になってます。素晴らしいブログがいくつかあります。一方で首肯できない記事もありますがそうした記事への反論から有意義な議論が生まれるのでいいんじゃないでしょうか。

決算が読めるようになるノート

IT企業の経営者の方のブログ。無料の記事しか読んでませんが面白いです。snapchatの記事は慧眼と思いました。

naked capitalism

ボリュームが多すぎて正直言って読んでる時間がないのですが、英語圏でも屈指の評判の個人ブログです。

皆様もオススメのサイトあればご教授ください。

追伸: Market Hackを挙げるの忘れてましたが、どうせみんな読んでますよね?

さらに追伸 (17/7/22):

アメリカ部和波の投資生活ブログ は日本語で読める米国株のブログとして非常に素晴らしいので、ご紹介させてください。

 

“米国株の情報収集に巡回しているサイト” への2件の返信

    1. コメントありがとうございます。多分このサイトでしょうか?
      http://www.realitysharesadvisors.com/divcon/
      増配率や過去の配当履歴からスコアリングしているんですね。
      僕の考えとしては、配当は企業がより良い投資機会がない時に行うものであり本質的に配当性向で企業価値は変わらないと思っていて(統計的に配当株の方が過去のリターンがよいのは企業の投資判断がだいたい誤ってるからなんですが)、株の評価はキャッシュフローやPERを重視したいと思ってます。なのでもう少し増配率ではなくEPS成長率を重視したスコアリングの方が好みです。

      あと、急激に増配傾向にある銘柄って投資していいかの見極めが難しくて、成長段階から成熟段階に移りつつある企業が中心ですが、更なる成長機会が見つけられないから配当しているとの失望感から株価が下がることもままあるのでは、と思います。例えばDIVCONでスコア5のスターバックスは期待通りの高成長を維持できずに株価は軟調ですね…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です