17年4月末のポートフォリオ

忙しかった4月がようやく終わり、仕事も落ち着きを取り戻せそうです。海外の決算発表も出揃いつつあるので、また決算発表の分析をやっていきたいですね。

さて4月末のポートフォリオです。

購入:DB(ドイツ銀行)、VYM、ニッセイ外株インデックス、SBI-EXE-i グローバル中小型インデックス

売却:HBI(100株だけ)、DA(デルタ航空)、 VRX(ヴァリアント・ファーマシューティカルス)

保有株ではアルファベットが好決算により史上最高値を更新。

一方、デルタ航空は、ユナイテッド航空のダブルブッキングによる不祥事に対応するために補償金額を100万円に上げたり、アメリカン航空の賃上げの煽りを受け、株価が低迷。ヴァリアントはひどい決算により安値を更新。

デルタ航空については航空業界の経営環境が今後悪化することが見込まれ、現在の低EPSはバリュートラップであると判断して損切り。ヴァリアントは株価が下落し保有株の時価が10万円を切ったので、決算発表を丁寧に見るよりもインデックスに乗り換えた方が有意義であると判断して損切り。もっと早く見切りをつけるべきだった。

ヘインズブランズはポートフォリオに占める割合が大きすぎるため一部売却。先日出た17/1Qガイダンスは良好だが、以前よりもアパレル株への個人的な期待感が低下している。

ドイツ銀行を新規に購入。この購入タイミングがベストであるとは思わないが、増資が完了して自己資本に厚みが出てきたことと、銀行株は政治で動くため、ECBのテーパリング期待や、5月のフランス大統領選、夏のドイツ大統領選でも波乱なしの展開が予想されているため、株価に一段の上昇余地があるのではと判断した。

追記:

先日書いた中国の電子決済についての記事

について、現地情報のまとめ記事が市況かぶ全力2階建にあった。

http://kabumatome.doorblog.jp/archives/65890870.html

クレジットカードは個人貯蓄がマイナスになることもありうるアメリカの消費者の信用決済中毒に依存した制度であり、コストが高すぎると思う。早晩、クレジットカードはアメリカのガラパゴス的な制度になるのではないか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です