GOOGLを買い増し

アマゾンに続いてグーグル株も1000ドルを突破したタイミングで、グーグル株(ティッカー:GOOGL)を2株買い増しました。

ここのところエクソンモービル(ティッカー:XOM)が80ドルを切る水準まで調整しており、配当利回り3.8%まで来ていたので、エクソンとどちらを買うか激しく悩んだのですが、原油価格の低迷はもう少し続きそうなことが一つと、FANG銘柄(Facebook, Amazon, Netflix, Google)の上昇ペースが著しく、FacebookとNetflixはもはや正当化できない水準に達しつつあると思うため、先にGOOGLを買いました。XOMは75ドルあたりで待ち受けたいです。

GOOGLを2ヶ月前に2株買った時は830ドルだったので、わずか2ヶ月で20%以上も高くなってしまいました。広告ビジネスやAndroid Marketの成長性や寡占性、WaymoやNianticへの期待感を考えると、実績PER33倍はまだまだ高くはないとは思いますが、それにしても異常な加速です。数年前はPER17倍とかだったよね?

最近のテクノロジー株の急騰はかなり危険だと思っていて、AmazonとGoogleは成長性だけなくキャッシュフローを伴っているので理解できますが、UBERやNetflixについては不当に高いと思います。また、仮想通貨は明らかにバブルですが市場が10兆円以下と小さく、株との相関もあまりないため弾けても大きな影響はないと思っていました。ですがIT系のベンチャーが仮想通貨で資金調達を行うなどの事態も起こっており、もしこのままテクノロジーと仮想通貨の蜜月が続くと、今度のバブル崩壊はここから起こるのかなあ、といった懸念を持っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です