6月末のポートフォリオ

少し早いですが今月はもう購入予定がないので更新します。

購入:アマゾン、アルファベット、フット・ロッカー、ロッキード・マーティン、投資信託3種

前月末比+138万円

ボーナスや従業員持株会の一部解約によりキャッシュが増えたので株を買い増しました。ちょっと買いすぎたかも。

 

良くも悪くもアマゾンに翻弄された一ヶ月でした。

・ゴールドマンサックスのレポートによりハイテク株が急落したのでアマゾンを買い戻した

・アマゾンのホールフーズ買収や、ナイキがアマゾンに公式チャンネルを開くことを決めたことで小売・アパレル株が急落したのでフット・ロッカーを購入

 

フット・ロッカーのEPSが今後も成長していくのかはよくわかりません。

靴をネットで買いたいとは思わないのでアマゾンに対する耐性は比較的あるような気がしますが、ナイキが売上高に占める比率が高すぎることは気になります。ロゴの主張が激しいブランドはミレニアル世代に好まれなくなるような気がしますがどうでしょうか。見れば一瞬でナイキってわかるもんね。個人的にはアディダスやVANSが好きです。僕はABCマート版のスタンスミスが一番お気に入りの靴な、オシャレにあんまり興味がない人間なので参考にならないですが。

そもそもミレニアル世代はファッションにお金を使わなくなっており(勘違いしたレポートに若者の貧困化などと書かれるけど、単に若者の関心が他に移っただけ)、アパレル銘柄の将来にはあまり期待していません。

ただ現在のPERは10倍を切っており株主還元に積極的な企業なので、投資機会を慎重に判断し、資本コストを下回る投資は控えて株主還元を行えば、将来のEPSが横ばいあるいは微減でも現在の株価は割安だと思います。

低PERの銘柄を買うときは、成功する投資機会が限られている分、企業が株主還元をどのように考えているかをIRを読んで理解することが非常に重要で、これが僕がHBIを買って日本の小型株を買わない理由でもあります。

HBIの主力ブランドChampionにあまり良いイメージはないですが(Championという英単語は、よく知られた「闘士」という意味以外に、「擁護者」や「支持者」という名詞、「最高の」という形容詞的意味もありますが、日本だとチャンピョンなどと揶揄されたり、あまりかっこいい言葉じゃないですよね?焼肉屋の名前になるくらいだし・・・)、IRがしっかりしているので買ってしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です