金融リテラシーがなく大損した大学生の頃の話

米国株の投資家ブログを読んでいると、全てではないですがよく出てくるのが、「永久投資」という考え方です。要するに米国株は過去ずっと右肩上がりでやってきていて、今後も右肩上がりで推移していくと思われるので、買うタイミングは今で、永久に売るべきではないという思考ですね。

この考え方は誤っているわけではないと思います。現在の株価は将来の配当の割引現在価値で、割引現在価値を求めるにあたり、割引率にはリスクプレミアムが乗っている。したがって長期的に見れば株への投資は、安全資産への投資に対してリスクプレミアム分の過剰リターンが見込めます。

市場がセミストロング・フォームで効率的であるとすると、現在の株価は常に将来の配当の割引現在価値を示しているのだから、(インサイダー情報を持っていない限り)株価が割安であるか割高であるか判断することに意味はなく、単純に今買えばよい。

現在の波乱のない緩和的な金融環境においては、ETFやダウ工業株のようなよく投資家によって吟味されている大型株については、ある程度その通りだと思います。

しかしながら、この考え方では、いつ株を売ればよいか、言い換えれば適正株価と現在株価の差異についての視点がない。したがってずっと持っていればよいという話で、投資家はブログに特に目新しく書くことはなく、ページビューを稼ぐために他の投資家をクソダサいなどと馬鹿にして、あるいはS&P500のETFの話を堂々巡りして、買い煽るだけになってしまう。そこには例えばDCF法やEV/EBITDAによるファンダメンタル分析は存在しない。これが今の投資ブログのメインストリームなのではないでしょうか?

 

しかし、グロース株への投資や金融環境の激変期においてはファンダメンタル分析に一定の意味があると思います。

大学生のとき、退屈な講義の合間などにデイトレードをやっていました。当時はリーマンショックの前で、日本の小型株が最近のように2〜3倍、時にはファイブバガーに高騰することも珍しくありませんでした。いくつか時流に乗ったテーマ株に投資していたことで投資資産は一時期、現在のそれを超えていました。本当に調子に乗って、一億円を超えたら働かなくて学問の道に入りたいなーと思った瞬間がありました。

その頃はファンダメンタル分析という言葉もよくわからず、何となく雰囲気で投資しており、現在の株価が適正かどうか判断する方法を持っていなかったため、業績を伴っておらず暴騰していた小型株が暴落すると、割安だと思い込んで買い向かってしまい、結局はその資産の大半を失ってしまいました。もしファンダメンタルを意識しつつ小型株バブルに乗っていれば、暴落に際して適切に逃げ出すことができ、リーマンショック以後の株価低迷期には大型株や米国株に乗り換えることで資産を何倍にも増やせたことでしょう。

あるいはアマゾン株を買っていれば資産は数億円になっていたかもしれない。投資に必要なファイナンス理論はさほど難しくなく、大学生の頃の自分にも理解できたであろうレベルです。(また今度、投資本の紹介記事を書く予定ですが、自分が影響を受けた本としてとりあえずヒギンズのファイナンシャル・マネジメントを挙げておきます)ちょっとしたリテラシーの違いで資産形成に大きく差がついたので、ファイナンスという実学の勉強をもっとしておくべきだったなあと思います。ただ、20代後半で勉強できたことは他の人と比べれば遅くないと思いますが。

 

まとめます。

・今は退屈な金融環境なので投資ブログがどんどん増えてる一方で読み手側のマス層のリテラシー不足もあり書くことは何もなく、単に買い煽りの表現の激化だけが進行しておりつまらない

・来たるべき金融環境が変化する局面においてはファイナンス理論による適正株価の分析が重要になるっぽいので勉強は超大事

言いたいことを整理するとたった2行でしたね。以上ご査収ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です