10月末のポートフォリオと、スプリントの合併破談報道について

アマゾンやアルファベットの好決算についてコメントしようと思ったらもう月末が来てしまいました。とりあえず、10月末のポートフォリオです。

 

(11/1訂正)数字に間違いがあったので、差し替えました。

10月末の保有銘柄の時価は873万円で、前月比+109万円となりました。

購入:ソフトバンク、アルファベット、アマゾン、投資信託3種

売却:フット・ロッカー

それぞれ色々書きたいことはありますが、今日はソフトバンクについて。

前回の記事でソフトバンク株の購入理由を書きましたが、購入後にスプリントとTモバイルの合併が盛んに報道され、一ヶ月で15%超も上昇しました。しかし昨日、統合後の会社の支配権を得られないことを理由に、ソフトバンクの取締役会が合併を中止することを決めたとの報道が流れ、ソフトバンク株は5%を超える下落となりました。

ブルームバーグの記事が述べるように、合併中止は愚かな判断としか言いようがありません。単独でも生き残ることが可能なTモバイルに対してスプリントは苦境にあり、会計上の利益は多少出ているかもしれませんが、フリーキャッシュフローはゼロ付近をさまよっています。ソフトバンクの国内通信事業のようなキャッシュカウになるには程遠い状況で、生存のためには相当な設備投資を必要とするでしょう。

Tモバイルとの合併が不調に終わった場合に噂されている、米衛星放送大手のディッシュ・ネットワークとの合併はシナジーが薄いと思います。従来のケーブルテレビ業界はネットフリックスやアマゾン・プライムビデオに侵食されており、合併により契約者数の増加が見込まれるかには懐疑的です。むしろTモバイルのようにネットフリックスと業務提携を行うなど、魅力的な番組を提供している勝ち組にくっつく方が有効でしょう。

ソフトバンクはビジョンファンドの説明で、業界ナンバーワンの会社が協力関係を結ぶ同志的結合が重要であり、必ずしも支配権を得るかどうかにはこだわらないと言っています。なぜスプリントとTモバイルとの統合後会社の支配権にこだわるのか、意味が全くわかりません。何かのソフトバンク流の交渉術なのかと思いきや、代案が思い浮かばない以上、永守重信が抜けた後のソフトバンク取締役会は合理的な判断力を失ったのではないか、と思わざるを得ません。

話がそれますが、永森氏が自分なら3000億円以上は出さないと言っていた、3兆円で買収したARM事業は、人員拡大のために営業赤字なのは良いとしても、トップラインの成長モメンタムを欠いているように思えます。

ソフトバンクの決算短信によると、ARMの17/1Q売上高は4.3億ドル。QonQで4.6%増、YonYで21%増です。3兆円のディールの結果にしては極めて物足りません。

ARMを買収した昨年夏なら代わりにNVIDIAを3兆円程度で買えたのに…と思ってしまいますね。今やもう13兆円を超えたので手遅れですが。

そういうわけで、ソフトバンクについては買い増したものの、引き続き懐疑的に見ています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です