17年11月末のポートフォリオとフット・ロッカー

こんばんは、フット・ロッカー太郎です。

月1のポートフォリオ公開だけで、某バフェット太郎氏に売買タイミングを分析されてボコボコに叩かれました。僕はバフェットじゃなくて、更新しなさすぎて米国株ランキングで100位ぐらいのブロガーですよ。熱心に見ていただいてありがたいことですが。ファンなのかな?

フット・ロッカー株に関していえば、バリュエーションは非常に魅力的な水準ですが、ポートフォリオのリバランスのために一部を売却しました。ただの靴屋にかけるリスク量を超えていたので、修正したというわけです。

暴騰といっても2Q前の水準よりはだいぶ安いし、3Q決算は前年比で売上が下がっており、特に良いわけではなかったです。クオーターでの減収幅がlow-single digitかhigh-single digitかの違いで暴落か暴騰かの違いが出たわけですが、そんなものはここ日本にいてもどうなるか全然わかりません。そういう意味では、この会社のことを全然知らないという指摘はその通りです。普段から使っているグーグルやアマゾンと違って、実店舗型のビジネスは店に通い詰めないと実際のところがわからないわけですから。

ただ、実店舗については、先日この目で見てきました。9月に夏休みをとって欧州に旅行した際にフット・ロッカーの実店舗をちょっとだけ見たのですが、ブランド物の靴を高い値段で売っているおしゃれな店でした。同じく旅行で訪れたマクドナルドが、タッチパネルの注文システムや、席ごとにタブレットが置いてある日本より進んだ店舗で、非常に便利で感銘を受けたのに対して、フット・ロッカーは普通の靴屋で、数十年先のビジネスが継続するmoatが弱いように思いました。というわけで、ポートフォリオのリバランスを行ったということです。

さて、フット・ロッカーの話はこの辺にしておいて、月末には1日早いですが時間の都合で、今月のポートフォリオです。

11月末の時価は955万円で、前月比プラス82万円です。

購入:テンセント、新興国株式インデックス、グローバル中小型インデックス(ニッセイ外株インデックスは月末日に積立購入予定)

売却:なし

今月はアマゾンやアルファベットなど、テック銘柄が好調でした。ガジェットに目がないので、アマゾンのAIスピーカーechoを早速買ったのですが、完全に未来から来た製品ですね。喋るだけでアマゾンで商品を注文できたり「スキル」と呼ばれるアプリで他社のサービス(弁当の注文とか)を利用できるので、更にアマゾンの経済圏だけで生活できるようになりそうです。VR装置Occulusとのシナジーが不明で、いまだに売上のほぼ100%が広告のFacebookや、iTunesポイントでいまだにバーチャルな製品(音楽、電子書籍、映画など)しか買えないAppleと違って、アマゾンとグーグルは、実生活との接続に関して非常に先を行っているように思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です