17年4月末のポートフォリオ

忙しかった4月がようやく終わり、仕事も落ち着きを取り戻せそうです。海外の決算発表も出揃いつつあるので、また決算発表の分析をやっていきたいですね。

さて4月末のポートフォリオです。

購入:DB(ドイツ銀行)、VYM、ニッセイ外株インデックス、SBI-EXE-i グローバル中小型インデックス

売却:HBI(100株だけ)、DA(デルタ航空)、 VRX(ヴァリアント・ファーマシューティカルス)

保有株ではアルファベットが好決算により史上最高値を更新。

一方、デルタ航空は、ユナイテッド航空のダブルブッキングによる不祥事に対応するために補償金額を100万円に上げたり、アメリカン航空の賃上げの煽りを受け、株価が低迷。ヴァリアントはひどい決算により安値を更新。

デルタ航空については航空業界の経営環境が今後悪化することが見込まれ、現在の低EPSはバリュートラップであると判断して損切り。ヴァリアントは株価が下落し保有株の時価が10万円を切ったので、決算発表を丁寧に見るよりもインデックスに乗り換えた方が有意義であると判断して損切り。もっと早く見切りをつけるべきだった。

ヘインズブランズはポートフォリオに占める割合が大きすぎるため一部売却。先日出た17/1Qガイダンスは良好だが、以前よりもアパレル株への個人的な期待感が低下している。

ドイツ銀行を新規に購入。この購入タイミングがベストであるとは思わないが、増資が完了して自己資本に厚みが出てきたことと、銀行株は政治で動くため、ECBのテーパリング期待や、5月のフランス大統領選、夏のドイツ大統領選でも波乱なしの展開が予想されているため、株価に一段の上昇余地があるのではと判断した。

追記:

先日書いた中国の電子決済についての記事

について、現地情報のまとめ記事が市況かぶ全力2階建にあった。

http://kabumatome.doorblog.jp/archives/65890870.html

クレジットカードは個人貯蓄がマイナスになることもありうるアメリカの消費者の信用決済中毒に依存した制度であり、コストが高すぎると思う。早晩、クレジットカードはアメリカのガラパゴス的な制度になるのではないか。

17年3月末のポートフォリオ

3月末のポートフォリオです。

3月の購入:GOOGL、投資信託3種類(毎月買ってます)

グーグル株はyoutubeの不適切動画問題で株価が急落した時に買いました。議決権がないGOOG(クラスC株)の方が安いのですがストックオプションによる希薄化懸念があるためGOOGL(クラスA株)を購入。

創業者のセルゲイ・ブリンとラリー・ペイジら経営陣が一株あたり10票の議決権を持つクラスB株を独占し、議決権の過半数を握っているため、現時点ではクラスA株の議決権に何の価値も感じていないのですが、今以上にブリンとペイジの独裁が強化されることはないと思うので、議決権の価値は今後上がっていくのでしょうかね。

17年2月末のポートフォリオ

ちょっと間が空いてしまいました。ラ・ラ・ランドを観たり、村上春樹の新作長編を読んだり、小沢健二の新譜を聴いたりしてました。

よくできたハリウッドの映画を観ると、アメリカって凄い国だな〜と思ってしまいますね。良い芸術作品には、「今死んでもいいかも」と一瞬思えるような(もちろん死んだらダメなんですが)エクスタシーがあると信じていますが、「ラ・ラ・ランド」にはそれがありました。エピローグでめちゃめちゃ泣きました。

前にアメリカ出張に行かせてもらった時も、行きの飛行機で「ズートピア」を観たせいで、教育的に正しくてエンターテイメントとして素晴らしい作品を比類ないクオリティで作るアメリカの偉大さに、入国審査前から恐れおののいてしまいました。「レヴェナント」にしとけば良かった。

それはともかく、2月末のポートフォリオです。

買い:HBI、 DAL

売り:AMZN(アマゾン)、鳥貴族

HBIはアマゾンを売ったその足で買いました。アマゾンはバリュエーションを再評価してみるとEBITDAではそれほど割高でないことが分かり、もう少しの上昇余地が望めるので再購入することを検討しているのですが、急落局面のHBIが拾えたのでアマゾンを売ったこと自体は後悔していません。

DALは一言で言うとBPのヘッジです。(またどこかで財務分析を詳しく書きます)

鳥貴族はライバルのパクリ戦略などの競争激化により、あれほど素晴らしかった既存店売上成長率が伸び悩んでおり、客単価が前年比減となっているため、今後インフレ率が上がってくると価格を固定したビジネスは厳しいだろうと判断。また新店出店ペースも遅いです。

 

明日は待ちに待ったVRX(ヴァリアント・ファーマシューティカルス)の決算発表ですね。営業キャッシュフローが予想を下回ると倒産の危機が見えてくるのでドキドキします。

CSCO株を10万円分買いました

ネットワーク機器最大手のシスコシステムズ(ティッカー:CSCO)株を10万円分買いました。

シスコシステムズは僕の一押し銘柄です。大型株へのバリュー投資として最高の銘柄の一つだと思います。もっと買いたいのですが、深刻な余力不足のためまず10万円だけ。

シスコはかつてITバブルの寵児としてもてはやされ、2001年には時価総額が当時としては世界最大の5000億ドルまで膨らみました。その後、バブル崩壊により株価は90%以上下落しましたが、着実に業績を伸ばし(同業のルーセント・テクノロジは赤字続きでアルカテルに吸収されてしまいましたね)、現在では時価総額1500億ドルに回復しました。会社の成長が投資家の期待を下回ったため、15年で数十倍もの成長にも関わらず株価は当時を大幅に下回っています(いわゆる成長の罠)

どこか現在のネットフリックスやアマゾンの影を見る思いがするのは気のせいでしょうか。

わずか15年でIT業界の寵児から面白みのない機器メーカーへ、すなわちグロース株からバリュー株へと転換を遂げたシスコは、近年では配当や自己株買いなどの株主還元に積極的です。

下記は一株あたりの業績推移です。

f:id:yudet:20170125231038p:plain

一株あたり業績が非常に安定して成長していることがわかると思います。

実績PERは14倍です。

同じくPER14倍のIBMの業績推移を見てみましょう。

f:id:yudet:20170125232056p:plain

シスコ、IBMともに自己株買いにより一株あたり業績が伸びていますが、ソリューションビジネスが中心の IBMの業績は景況により変動が大きいことがわかります。

シスコは増配にも積極的です。配当利回りは3%強、配当性向は50%で増配余力があります。

f:id:yudet:20170125234813p:plain

ではシスコ株を全力で買えば安泰なのかというと・・・そこまでの覚悟がついていません。

業績の安定と増配余力、PERの低さはバリュー株として魅力的ですが、将来の成長性については疑問があります。CloudlockやSynataなど、クラウド絡みの会社を多数買収しており、クラウド分野で将来最も期待できる企業との記事もいくつか読みましたが、BtoBテクノロジーの競争でどこが勝つかを判断できる能力は僕にはありません。

自己株買いによりEPSの成長は維持できるでしょうが、IBMやオラクルなどのクラウド分野でのライバルに対してアンダーパフォームする懸念はあると思います。

したがってシスコへの一点投資ではなくてIBMとの分散を考えています。

株を買うには何よりも元手が必要

前回の記事で、ポートフォリオを発表して、現在の保有有価証券の時価は約350万円です、と書きました。

 

そこでおそらく皆さんはこう思ったでしょう。

「なんでコイツ、これだけしか株持ってないんだ?30手前で株ブログやってる奴は平気で1千万とか2千万持ってるぞ」と。笑

 

理由は簡単で、財務を仕事にしていながらも、自分のことに関しては貯蓄という発想が完全に抜けていたからです…!

アウトドアな趣味(旅行)もインドアな趣味(ゲーム)も、会社や友人の付き合い(飲み会)もやって外食ばかりしていたら、全くお金が貯まらず。

おかしいな?と思う頃には、しっかりと貯蓄をしていた同世代との間に、かなりの差がついていました。

 

最近は残業が減って手当が出なくなったものの、年収は額面で5百万円台、家賃控除後の手取りで3百万円台はあります。丁寧に貯金していれば年に1百万円や2百万円は貯まり、今頃は8桁の大台を超えていたはず…!と考えると悔しいです。複利の力や昨今の市場環境を考えると特に悔しい。

 

なので、先月から家計簿をつけており、費目ごとに予算管理をすることにしました。

経理ならではの技で月次ごとにBSも作っています。

万円単位のざっくりベースですが、自分が考えるポートフォリオを形成できているかどうか把握するために役に立ちます。

こうした仕組み作りにより、給与は月に10万円、賞与は長期休暇の旅行費用を除いた全額を貯蓄に回せるようにしました。予算を厳格に管理することで出費が減り、もっと貯蓄に回せる額が増えるかもしれない。

 

まだ自分は若いので、貯蓄のうち8割は株式への投資に回してよいと考えています。したがって年に2百万円弱は投資できるわけです。だいぶ差がついたけど、自分もこれから資産形成がんばるぞ…!

 

お金はありませんが、理論と知識だけは他の株ブログをやっている人に負けない自信があります。

細々とやっていきますのでよろしくお願いします。

一年ぶりのブログ再開

2015年の11月以来、1年と2ヶ月もブログを放置してしまいました…

もう見ている人もいないかもしれませんが、ひっそりと再開したいと思います。

 

ブログを放置していた理由は、

インデックス投資」は書くことがなくて飽きる!

これに尽きます。

 

毎日の動きに一喜一憂するわけでもなく、ただ淡々と積み立てていくだけなので(それがインデックス投資の良い所なのですが)、何も書くことがなくて飽きてしまっていました。。。

 

ただ、ブログ休止期間中もしっかりと、NISAの枠内での投資と投資の勉強は続けていました。

なんと、この一年間で、インデックス投資だけではなく、個別株にも手を広げるように進化していたのです!(どどーん)

 

現在のポートフォリオは下記の通りです。

銘柄名

時価(円)

ソフトバンク

842,300

JT

388,700

鳥貴族

262,200

コメダホールディングス

186,000

ニッセイ外株インデックス

335,043

SBI-EXEグローバル中小型インデックス

322,661

SBI-EXE新興国株式インデックス

466,497

バリアント・ファーマシューティカルス

114,741

VB(バンガードスモールキャップETF

59,740

VDC バンガード 米国生活必需品セクター ETF

249,302

VYM(バンガード 米国高配当株式ETF

232,875

合計

3,460,059

あえて簿価(取得価額)は書きません。なぜか?

いくら含み益・含み損があるかは、売買の判断にとってサンクコストにすぎません。その銘柄を持っている必要がないと感じたら、含み益・含み損の大小に関わらず即座に処分すべきです。

含み益・含み損は税金の支払いには影響しますが、ここではよいでしょう。

全て長期保有するつもりで所有しています。

 

まだ保有株の規模が小さいですが、2017年で5百万円到達を目標に、機を見て増やしていきたいと思います。

2015年10月の積立状況

10月は後半にかけて世界的に株価が上昇してきましたね。

中国の金融緩和によるリスクオンや日本の金融緩和期待、米国の好決算が影響したと考えています。

 

今月の投資信託ETFの積立状況は下記の通りです。

 

ニッセイ外国株式インデックスファンド 30,000円

SBI-EXE-iグローバル中小型株式ファンド 30,000円

SBI-EXE-i新興国株式ファンド 20,000円

三井住友TAM-SMT国内債券インデックス・オープン 120,000円

バンガード スモールキャップETF 4口(約450ドル)

 

合計 25万円ぐらい

 

国内債券インデックスの積立が12万円と多いですが、これはSBI証券の投信キャンペーンのためです。月に10万円の追加の積立をすると3000円もらえるキャンペーンです。

国内債券はほぼリスクフリーと考えてよいので、現金で保有している生活資金を国内債券に前倒しで振り分けました。

 

バンガードのスモールキャップETFは、米国小型株への投資比率を高めるために購入したのですが、ETFは種類が多く、どれがよいのかまだ思案中で、今後の課題です。

ラッセル2000や他の小型株インデックスのほうが良いのかもしれません。

また、米国小型株への投資をETFで行なったため、次月はSBI-EXE-iグローバル中小型株式ファンドの購入を減らすことも検討中です。

 

インデックス投資は継続的にやらなければ意味がないので、月々の投資金額を増やしすぎないように注意したいと思います。

投資信託でのドルコスト平均法積み立て投資を始めてみました

28歳で長期投資を始めるというのは、早いのかもしれないし遅いのかもしれない。

前々から長期投資を始めてみたいと思っていたのだけれど、なかなかきっかけを掴めていなかったのですが。

 

今年8月末のチャイナ・ショックによる世界的な株価下落をチャンスだと思い、このタイミングで積み立て投資を始めてみることにしました。

証券会社は一番投資信託が充実しているSBI証券にしました。

元手はわずかながらの貯金から非常時の資金を引いた余剰資金と、毎月の給与から支出を引いた分です。

ちょっと無理をしてでも、貯金と毎月のキャッシュフローを合計して、月に10万円を投資に回したいです。そうすれば損益がゼロでも年に120万円の資産が生まれる。仮に収益が+5%なら6万円の収益になります。これはうれしい。

 

投資方法は、山崎元氏の『ほったらかし投資術』を一部援用しています。

すなわち、低コストのインデックスファンドによる長期投資です。

全面改訂 ほったらかし投資術 (朝日新書)

全面改訂 ほったらかし投資術 (朝日新書)

 

 

長い目で見た場合、信託報酬が高いアクティブファンドよりも、低コストのインデックスファンドのほうが有利です(詳しくはまた書きます)。

毎月一定額を積み立てるドルコスト平均法なら、市場が長期的には成長すると信じる限り、小幅な下落も怖くないので、この株価の不安定な局面でも、資金を株式に投じることに恐れはありません。

今後、投資信託の運用状況と、世界経済についての展望、各ファンドの良し悪しなどを語っていきます。

 

今月購入の投資信託

ニッセイ外国株式インデックスファンド 30,000円

SBI-EXE-iグローバル中小型株式ファンド 30,000円

SBI-EXE-i新興国株式ファンド 20,000円

三井住友TAM-SMT国内債券インデックス・オープン 20,000円

 

 合計 100,000円

忙しいビジネスマンでも続けられる 毎月5万円で7000万円つくる積立て投資術 (アスカビジネス)

忙しいビジネスマンでも続けられる 毎月5万円で7000万円つくる積立て投資術 (アスカビジネス)

 

 

 

 

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村