広瀬隆雄氏の米国株セミナーを聴きました

月曜日に楽天証券の主催でやっていた、Market hackの広瀬隆雄氏の米国株オンラインセミナーを聴きました。

学んだことを箇条書きにします。

 

・利上げ局面においてオールド・エコノミー株は買い。一押しはゼネラル・エレクトリック

・アマゾン、フェースブック、アルファベットなどの新高値を更新しているグロース株は今のトレンドが続く限りはホールド

・アリババはモバイルからのアクセスのマネタイズができてきているので買いかもしれない

スクウェアIPOはダメ。ジャック・ドーシーがツイッターとCFO掛け持ちしているのは投資家をなめている

・利上げ局面ではインフレが進むのでドルが反落する可能性

 

いろいろ勉強になったセミナーでした。広瀬氏はMarket Hackの写真で見るよりおじさんでしたね。

来年春までは米国株は買いとのことでしたが、一つ疑問が:

利上げでドル安になるのならドルベースで株価が上がっても円ベースだとトントンか、損しちゃうんじゃない?

ということ。

コレに対してはどうなんでしょうか?

S&P500に対してもドル円に対しても、具体的な数値のガイダンスはなかったので、どちらの影響が強いのかが分かりかねますね。

 

セミナーを聴いたあと、ドル円が123円の状況でドルを買い増す元気はないので、保有しているドルで米国株を少しだけ買いました。

バンガードの米国高配当ETF(VYM)を3万円分ぐらいです。オールド・エコノミーに効率よく投資するということで、VYMにしました。

NISAの枠が余っていればもっと買いたかったのですが、今年はもう枠がないので、これが限界です。

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2015」に投票しました

本日、「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2015」に投票しました。

 

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015

 

2007年から続いている人気企画で、個人投資家ブロガーが投票者となり、毎年の最優秀投資信託を選ぶというものです。各投票者の持ち点は5点で、好きな配分で投票します。投票対象は、投資信託、国内ETFまたは日本の証券会社から購入可能な海外ETFです。

 

下記の3つのETFに投票しました。

 

3位 iシェアーズMSCI日本株最小分散ETF(1477) 

指数の過去3年リターン(年率)は24.42、シャープレシオは1.59です。

信託報酬は0.19%です。

 

個別株のリスクが最小になるようにポートフォリオが組まれているファンドです。国内ETFは10月に販売開始したばかりですが、米国では昨年から販売されています。(ティッカー:JPMV)

構成銘柄を見ると、NTT、JR西日本、みずほ、ドコモ、花王などが組み入れ率上位のようですね。

www.ishares.com

私は日本株については個別株に投資したいのでETFを持っていませんが、最小分散のポートフォリオをこの手数料で買えるのは画期的だと思います。

 

 

2位 Vanguard Small-Cap ETF (VB)

指数の過去3年リターン(年率)は12.40、シャープレシオは1.03です。

信託報酬は0.09%です。

 

 米国小型株に投資するならこのETFisharesのrussell 2000 ETF(IWM)でしょう。

VBとIWMを比較したところ、2011年以降ではVBのほうが若干パフォーマンスがよく、

リーマンショック前からの通算ではIWMのほうがパフォーマンスが良いようです。

 

1位 Vanguard 500 ETF (VOO)

指数の過去3年リターン(年率)は16.20、シャープレシオは1.25です。

信託報酬は0.05%です。

 

 米国大型株の代表的指数であるS&P500に投資するETFです。

オマハの賢人が、自分の奥さんの遺産相続についての方針で、VOOに90%投資するのを薦めたのは有名な話です。(残りは短期債)

S&P500が15年ぶり高値をつけたこのタイミングでVOOを推薦するのはなかなか勇気が要りますが( India Small-Cap ETF (ティッカー:SCIF)を推したほうが通っぽいですか?)米国株の将来は今後も有力だと考えます。

 

ただ、S&P500指数は時価総額加重平均指数なので、このあたりを嫌う方もいそうですね。各企業の重みを均等にした、イコールウェイトインデックスのほうが時価総額加重平均指数のパフォーマンスを上回るという研究もあるようです。

 

しかし、S&P500のイコールウェイトインデックスETF(ティッカー:RSP)とVOOを比べてみましたが、RSPの手数料が0.4%と高いこともあり、リターンはVOOのほうが良かったです。(5年間のパフォーマンスでRSPが年率リターン12.81%、VOOが13.12%。シャープレシオもVOOが上)

やっぱりウォーレン・バフェットに習ってVOOに投資するのが間違いなさそうですね。

米国株のスマートベータ・インデックスについてはまた研究します)

 

スノーボール(改訂新版)〔上〕 ウォーレン・バフェット伝 (日経ビジネス人文庫)

スノーボール(改訂新版)〔上〕 ウォーレン・バフェット伝 (日経ビジネス人文庫)

 

 

 

それでいいのか?フォーブスが選ぶベストETF2016

 

先日、フォーブス誌の「投資家にとってベストなETF 2016年版」にバンガードETFが多数選出されたとのニュースがありました。

 

米フォーブス誌の「投資家にとってベストなETF 2016年版」にバンガードETFが選出|プレスリリース配信サービス【@Press:アットプレス】

 

バンガードは確かに優秀なETFを出していますから、納得の結果と思いましたが、

元記事に対するリンクがないのが気になって、元記事を探して読んでみました。

 

www.forbes.com

 

そうすると、元記事には気になることが書いてありました。

 

Costs, costs and costs—these are the things that matter in picking an exchange-traded fund that tracks an index. Here are three things that don’t matter: performance, tracking error and premium/discount.

 

 コスト、コスト、コスト──これがインデックスファンドを選ぶ際に大事なことだ。

ベストETFの選出では3つのことを無視している:パフォーマンス、トラッキングエラー、プレミアム・ディスカウントだ。

 なんだそりゃ。フォーブスはベストETFを選んだ基準がコストだけ(あと純資産額が一定以上のもの)ですってよ。

 

過去の成績も、インデックスとの乖離も、市場でのディスカウントも全然考慮してないんです。そりゃ選ぶの楽だわな。

 

むしろ、同じS&P連動のETFでも、それぞれの組成やパフォーマンスの差異に着目し、低コストでも健全に運用されていないETFを警告し、相対的に少しコストが高くてもシャープ・レシオがよいETFを啓蒙するのが、経済専門誌のあり方ではないでしょうか?

 

こんなテキトーな選出が、元記事を参照されないまま何か権威あるものとしてインデックス投資界隈に伝わっていくのは、まったく我慢できません。

インデックス投資家はコストしか見れない単細胞とフォーブスに思われているのでしょうか。

 

 

 

 

日経平均連動レバレッジETFで個人投資家は「二重に」損をしている

ブルームバーグに気になる記事がありました。

 

www.bloomberg.co.jp

 

個人投資家ETF人気により、日経平均連動レバレッジETFの規模が大きくなりすぎ、ETFの価格調整のための売買が日経平均先物で相当のボリュームを占めるようになっています。

機関投資家からすると、個人投資家の「上がったら売る、下がったら買う」という逆張り思考は読めているので、レバレッジETFの価格調整のための売買を予想して、先物ETFアービトラージで儲けているようです。

 

日経平均レバレッジETFを中長期保有すると、上昇・下落を繰り返す局面が出てくるので、日経平均に1倍で連動するETFを持っているよりも損をするのは、レバレッジETF投資者には常識だと思いますが、

さらにアービトラージでも機関投資家に利益を抜かれているので、レバレッジETFを保有している個人投資家は、二重に損をしていることになります。

 

インデックス指数が一部のアクティブ・ファンドのパフォーマンスを上回っているからといって、インデックス投資をしている個人投資家機関投資家を出し抜いている、などと甘い考えを持つのはやめましょう。(だいたい、アクティブ・ファンドの手数料も個人投資家から出ているのですからね)

機関投資家は、ほとんど常に、個人投資家を出し抜いているのです。

 

 

GPIF 世界最大の機関投資家